のびるネット 受験生支援サイト 受験生の「困った」を解決する情報を発信します












これから日本でも伸びると思われる分野です。よく読むとチャンスなのがわかります。



読売新聞:日本のAIは周回遅れ…杉山将・東京大教授に聞く

2017/02/13 Mon.
  • 杉山将・東京大教授に聞く| 読売新聞オンライン

     世界が今、人工知能(AI)の研究にしのぎを削っている。日本でも年明けに新たなAI研究拠点、理化学研究所「革新知能統合研究センター」(※1)が政府の肝いりで東京・日本橋にオープンした。世界との競争にどう立ち向かうのか。 初代センター長に就いた杉山将・東京大教授に問う。(科学部 冬木晶) ※1 革新知能統合研究センター:   東京駅近くのオフィスビルに2016年度に新設された文部科学省主導のAI研究拠点。研究者100人以上の体制で、国内企業と連携して次世代AIの開発などを目指す。学生への教育プログラムにも取り組む。

    http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170210-OYT8T50014.html
    Copyright c The Yomiuri Shimbun

2016/11/22 08:30

日本のフィンテック投資額「対米比0.5%」が暗示するもの


「フィンテック」が日本の金融業界に革命をもたらそうとしている。フィンテックの定義は、 ここでは「金融サービス(FINance)にテクノロジー(TECHnology)の力を利用することで、 よりよい金融サービスを提供すること」と定義しよう。 サービスの提供者は、既存の金融機関である必要はなく、 むしろ創業まもないIT(情報技術)企業であることが多い。 フィンテックが生まれ、育つためには、
(1)革新的なアイデアを持って創業リスクをとる起業家、
(2)その起業家にリスクをとって投資する投資家、
(3)芽が出始めた創業企業を育てる競争環境の維持─などが重要である。

http://forbesjapan.com/articles/detail/14183/1/1/1



  • グローバル家庭教師センター
  • さいたま市南区鹿手袋1-2-15-605

  •   受験生支援サイト「のびるネット」は、進学・受験サポートの観点から“総合教育プランナー”のGKCがお届けしています。